転職

【初めての転職】転職エージェントと転職サイトを比較!初心者におすすめはどっち?

  • 転職サイトと転職エージェントの違いは何だろう。
  • 初めての転職活動ではどっちの利用がおすすめかな?
  • 転職で成功するための方法を知りたいな!

転職は会社員がキャリアや年収をアップする最も効果的な方法の1つです。以前は「転職35歳限界説」と言われていましたが、昨今では35歳以上で転職成功する人も珍しくありません

転職を始めるとき、転職エージェントと転職サイトのどちらを利用すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。自分の目的、転職の進め方に合ったサービスを選択しないと、転職活動がうまくいかない可能性があります

この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いについて解説しています。それぞれの特徴やメリットを理解したうえでサービスを利用し、転職活動の参考にしてください。

転職エージェントと転職サイトはどう違うの?

転職エージェントと転職サイトは、どちらも転職の際に利用するサービスですが、特徴は大きく異なります。それぞれのサービスの概要を下記にまとめましたので参考にしてください。

転職エージェント転職サイト
サービスの特徴キャリアアドバイザーによるサポートがあり、求人提案などが得られるサポートがなく、自分で掲載された求人から応募する
利用の手軽さキャリアアドバイザーを通して利用するいつでも気軽に利用可能
求人キャリアアドバイザーから提案がある
公開求人と非公開求人がある
キャリアアドバイザーを通して応募する
登録後好きなだけ求人が確認できる
公開求人しかない
いつでも求人に応募できる
書類対策サポートあり自分ひとりで実施する
面接対策サポートあり自分ひとりで実施する
企業との日程調整キャリアアドバイザーが調整の窓口になる自分ひとりで実施する
利用料無料無料
ビジネスモデル成果報酬型掲載課金型

転職エージェントと転職サイトの最も大きな違いはキャリアアドバイザーの存在です。転職エージェントでは転職活動の進め方相談から給料交渉まですべてのサポートがあります。一方で転職サイトはキャリアアドバイザーはおらず、自分ひとりで転職活動を進めることになります

初めての転職における転職の進め方は以下の記事で解説しているので参考にしてください。

転職エージェントとは

転職エージェントとは求職者と雇用したい企業をマッチングさせるサービスです。求職者はキャリアアドバイザーのサポートを受け、転職活動ができます。転職のプロが求人提案や面接対策などさまざまなサポートをしてくれます。転職やキャリアに関する相談にも乗ってくれるので、初めての転職活動で利用すべきサービスです

タカ
タカ

転職活動の進め方のポイントなども丁寧に教えてくれました。

転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用するメリットは下記のとおりです。キャリアアドバイザーの存在が転職エージェントの大きなメリットになります。

  • キャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれる
  • キャリアアドバイザーが求職者の適正にあった求人を提案してくれる
  • すぐに転職する予定がなくてもキャリアの相談ができる
  • 面接のフィードバックが入手できる

キャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれる

転職活動の進め方から書類対策など、転職に関わるあらゆるサポートをしてくれます。実際にキャリアアドバイザーから受けるサポート内容は下記のとおりです。

  • 転職活動の進め方のサポート
  • 応募書類の添削
  • 企業との面接日程の調整
  • 面接対策
  • 内定後の給与交渉
  • 現職の退職交渉に関するアドバイス

初めての転職活動だと応募書類の書き方もわからずに困ることがありますが、プロの視点で適切なアドバイスをいただけます。

キャリアアドバイザーは企業側とも面談・情報交換を行っているため企業の動向や募集背景など求人票以上の情報を持っています。数多くの求人から応募先を選ぶ際の参考材料の1つになります。

キャリアアドバイザーが求職者の適正にあった求人を提案してくれる

キャリアアドバイザーが求職者の適正・要望にマッチした求人を提案してくれます。自分で求人を探す手間も省け、自分では気が付かない適正・選択肢も見つかることもあるでしょう

転職エージェントは公開求人だけでなく、数多くの非公開求人を保有しています。非公開求人は転職エージェントに登録しなければ応募ができないので非常に大きなメリットの一つと言えるでしょう。

非公開求人は転職サイトなど他の媒体で公開されていない求人を表します。求人情報から企業の事業戦略がわかるため、同業他社に情報が出ないように非公開求人として応募します。

そのため、非公開求人には事業の核となるものや特別なプロジェクトに関わる優良な求人が多く含まれます

すぐに転職する予定がなくてもキャリアの相談ができる

「今すぐ転職する気はないけど、今後のキャリアのために市場価値を知りたい」といった場合でも転職エージェントの利用が可能です。転職エージェントに登録したらすぐに転職しなければいけない、といったことはありません。

定期的に転職エージェントと面談することで、自分の市場価値の把握や転職市場の動向確認ができます。キャリアプランを立てるうえで、市場価値と転職市場の把握は重要な情報です。転職エージェントを通して鮮度の良い情報を入手しておきましょう。

面接のフィードバックが入手できる可能性がある

企業との面接後、企業からの面接フィードバックの情報が入手できる可能性があります。面接がだめだった場合でも、「どこがだめだったのか」をフィードバックいただけるので、改善点がわかります。

だめだった理由が改善できる内容である場合は別企業の面接時に改善が可能です。実際の面接における改善点のフィードバックがもらえるのは、転職活動の成功において大きな要素となります。

企業によってはフィードバックをいただけない場合もあるので注意しておきましょう。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用するデメリットは下記のとおりです。人によってはキャリアアドバイザーの存在がデメリットに感じてしまう場合もあります。

  • 担当のキャリアアドバイザーと相性が合わない可能性がある
  • 自分のペースで転職活動が進めにくい

担当のキャリアアドバイザーと相性が合わない可能性がある

キャリアアドバイザーも人間のため、担当と相性が合わない可能性があります。性格や考え方、転職の進め方など相性が合わなければ転職活動自体続けることがしんどくなってきます。

どうしても相性が合わないと感じる場合は、担当の変更も可能なので変更を依頼してみてはいかがでしょうか

自分のペースで転職活動が進めにくい

キャリアアドバイザーが担当に付くことで転職活動を自分のペースで進めにくいと感じるかもしれません。転職エージェントは成果報酬型のため、求職者が企業とマッチングしないと報酬が入りません。そのため、どこでもいいから面接を受けるように急かすキャリアアドバイザーも残念ながら存在します。

急かされることはなくても、頻繁に連絡が来ることをストレスに感じてしまい、自分のペースで転職活動ができない可能性もあります。

タカ
タカ

「◯月までに転職を考えている」、「転職は急いでいない」などペース感をあらかじめ伝えておくとよいでしょう。

転職エージェントの利用がおすすめの人・おすすめできない人

転職エージェントの利用がおすすめの人・おすすめできない人の特徴を下記にまとめました。基本的には転職エージェントの利用がおすすめで、転職初心者には特におすすめします。

転職エージェントの利用がおすすめの人
✅初めて転職する人
✅転職に自身がない人
✅プロのサポートを受けながら転職したい人
✅キャリアアップしたい人
✅市場価値を把握したい人
✅転職市場動向を知りたい人
✅転職活動に時間を割けない人
転職エージェントの利用がおすすめできない人
✅自分のペースで転職活動がしたい人
✅多数の求人から自分で選びたい人
✅キャリアアドバイザーとのコミュニケーションを取りたくない人

転職サイトとは

転職サイトとは求人情報が掲載されているサービスです。数多くある求人から自分の求める求人を探し、自分で応募をしていきます。求人探しから日程調整まですべて自分ひとりで実施することが転職エージェントとの大きな違いです。

転職サイトのメリット

転職サイトを利用するメリットは下記のとおりです。自分ひとりで転職を進められることが大きなメリットとなります。

  • 幅広い業界・職種の企業に応募ができる
  • 自分のペースで転職活動ができる

幅広い業界・職種の企業に応募ができる

転職サイトは自分で求人を探して応募するため、未経験の業界や業種へ応募することもできます。転職エージェントの場合は求職者の経験・スキルをベースに求人提案されるため、幅広く応募には転職サイトが優れています。

また、転職サイトのほうが同時に多数の求人に応募ができます。数多く応募したい場合にも転職サイトの利用が有効でしょう

自分のペースで転職活動ができる

転職活動を自分ひとりで行うため、自分のペースで転職活動が進められます。希望する求人がなければ転職活動を一旦ストップすることもできます。転職エージェント利用時よりも自由度が高く、気軽に行えます

特に期限を決めず良い求人があれば転職をしたい人は転職サイトの利用を考えてみてもよいでしょう。

転職サイトのデメリット

転職サイトを利用するデメリットは下記のとおりです。転職活動に必要なフローをすべて自分で実施しなければいけないことが大きなデメリットになります。

  • すべて自分ひとりで対応する必要がある
  • 転職に関する客観的な意見が手に入らない

すべて自分ひとりで対応する必要がある

企業との間に入るキャリアアドバイザーがいないため、転職活動におけるすべてのことを自分ひとりで実施する必要があります。求人の探索や面接日程の調整、給与交渉など自分で行うには手間や精神的な負担がかかってしまいます。

1人で淡々と作業ができる人でないと転職サイトだけでの転職活動は難易度が高いと言わざるを得ません。

転職に関する客観的な意見が手に入らない

応募書類や面接対策、市場価値の把握など転職における客観的な意見が得られないことも大きなデメリットの1つです。自分ひとりではどうしても主観的な考え方しかできないので、転職を進めるうえではどうしても不利になってしまいます。

タカ
タカ

転職市場動向や求人票の詳細情報が手に入らない点も転職活動における大きなデメリットです。

転職サイトの利用がおすすめの人・おすすめできない人

転職サイトの利用がおすすめの人・おすすめできない人の特徴を下記にまとめました。自分のペースで淡々と転職活動を進められる人は転職サイトを利用してみる価値があるかもしれません。

転職サイトの利用がおすすめの人
✅自分のペースで転職活動を進めたい人
✅未経験の業界や職種に応募したい人
✅応募したい企業が明確に決まっている人
✅1人で淡々と作業ができる人
転職サイトの利用がおすすめできない人
✅転職初心者
✅キャリアアップしたい人
✅プロからのサポートが欲しい人

転職初心者にこそ転職エージェントの利用をおすすめする理由3選

「初めての転職ではどっちを使えば良いの?」という疑問に対しては、筆者は転職エージェントの利用をおすすめします。転職初心者に転職エージェントの利用をおすすめする理由は下記のとおりです。

  • キャリアアドバイザーのサポートがある
  • 転職市場動向や市場価値の把握が客観的にできる
  • 応募書類添削や面接対策が受けられる

どちらも登録無料・併用可能ですので転職エージェントをメインに利用しつつ不足分を転職サイトでカバーするやり方が効率的でしょう

キャリアアドバイザーのサポートがある

キャリアアドバイザーが転職活動全般のサポートをしてくれるため、初心者でも転職活動が進めやすくなります。初めての転職だとどんなスケジュール感、どんな進め方が良いのかわからなくて不安がつきまといます。

そんなときにキャリアアドバイザーのサポートが非常に心強いでしょう。企業との各種調整も行ってくれるので、現職と並行しながらでも転職活動がスムーズに進められるでしょう

転職市場の情報や市場価値の把握が客観的にできる

キャリアアドバイザーから転職市場の情報が入手できます。下記のような情報は転職活動を進めるうえで非常に重要です。自分の希望と市場のニーズがマッチしていると転職は成功しやすくなるため、転職市場の動向把握は転職成功には欠かせません。

  • 今の転職市場は売り手なのか、買い手なのか
  • 志望業界の業績が良いのか、悪いのか
  • どの年代の採用が活発なのか

さらに、プロ目線で自分の市場価値の把握ができます。自分では大したことがないと思っていた経験・スキルが、実は市場価値の高いものであることは珍しくありません。正しい市場価値の把握が転職を成功させるうえで不可欠です。

タカ
タカ

初めての転職だと情報入手方法も限られるため、転職エージェントを利用すると効率よく情報入手ができます。

応募書類添削や面接対策が受けられる

職務経歴書や履歴書といった書類選考は、転職を成功させるために重要な要素の1つです。書類選考に通過しなければ面接を受けることすらできません。

応募書類を自分ひとりで、特に転職初心者が上手に作り上げるのは至難の業です。応募書類は企業に自分を売り込むための営業資料になるので、プロの視点からのアドバイスがないとうまく作り上げられないでしょう。

面接対策においても、キャリアアドバイザーがいることで模擬面接の実施や実際に応募企業で出た質問などの情報を入手できます。手に入れた情報をもとに面接対策をすることで、効果的に準備ができるでしょう。

転職エージェントのおすすめは?実際に利用したおすすめ4社を紹介

初めての転職には転職エージェントの利用をおすすめしてきました。では実際にどの転職エージェントを使えば良いのでしょうか。筆者が利用したなかでおすすめの転職エージェントを4社紹介します。転職エージェントは併用可能なので、複数社の登録をおすすめします

  • JACリクルートメント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

JACリクルートメント

(画像は公式サイトより引用)

筆者が最もおすすめする転職エージェントはJACリクルートメントです。JACリクルートメントはハイクラス転職に強みを持っており、年収アップにも最適なエージェントです。高い専門性をもつキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、各業界に対しての深い情報が入手できます。

JACリクルートメントの特徴
年収600万円以上のハイクラス転職に強みがある
外資系・グローバル企業への転職に強みがある
多数の非公開求人を持っている
各業界の高い専門性をもつキャリアアドバイザーが多い
✅キャリアアドバイザーが企業情報に精通している
タカ
タカ

筆者もJACリクルートメントを利用し年収アップと待遇改善に成功しました。

初めての転職で年収アップを目指す方は登録必須の転職エージェントです。登録・面談は無料なので、まずは一度面談してみてください。

無料登録はこちらから!

リクルートエージェント

(画像は公式サイトより引用)

リクルートエージェントは、50万件以上の求人数を保有する業界最大手の転職エージェントです。非公開求人数も約30万件保有しているので、リクルートエージェントの利用で転職の幅が広がること間違いなしです(2020年8月時点)。

リクルートエージェントの特徴
✅求人数が業界トップクラス
非公開求人数も業界トップクラス
✅企業担当と転職者担当のキャリアアドバイザーが分かれているので、サポートが手厚い
独自の転職専用支援システムがあるので、転職状況の管理が容易
面接力向上セミナーなどの転職成功につながるサポートが豊富

多くの選択肢から転職先を探したい方は登録必須のエージェントです。登録・面談は無料なのでまずは一度面談してみてください。

マイナビエージェント

(画像は公式サイトより引用)

マイナビエージェントは、20~30代の大企業への転職に強みがある転職エージェントです。優良な非公開かつ独占の求人も多数取り揃えており、応募書類添削や面接対策のサポートが手厚いなどの強みを持っています。

マイナビエージェントの特徴
20~30代の転職に強みがある
大企業への転職に強みがある
初めての転職者に対するサポートが手厚い
応募書類添削・面接対策が手厚い
優良な非公開・独占求人が多い

マイナビエージェントはサポートの手厚さに強みがあるので、初めての転職でも安心して行えます。登録・面談は無料なのでまずは一度面談してみてください。

無料登録はこちらから!

doda(デューダ)

(画像は公式サイトより引用)

dodaはリクルートエージェントに次ぐ業界No.2の求人数を有する転職エージェントです。求人を20万件以上保有しており、限定求人も多数含んでいます。

dodaの特徴
20万件以上の求人を保有している
doda限定の専用の非公開求人がある
✅専門スタッフによる転職サポートが手厚い
転職エージェント・転職サイトが一体となっている
✅電通バスリサーチ調べで転職者満足度No.1を取得している

dodaは求人数の豊富さだけでなく、サポートの手厚さにも強みがあるので、バランスよく転職活動が進められます。登録・面談は無料なのでまずは一度面談してみてください。

まずは無料で面談する!

まとめ

この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いと初心者に転職エージェントをおすすめする理由について解説しました。この記事のまとめは以下のとおりです。

転職エージェントと転職サイトの違い
●転職エージェントはキャリアアドバイザーが担当に付くので、あらゆるサポートを受けることができる。初心者向き。
転職サイトは自分ひとりで転職活動を進める必要があるので上級者向き。自分のペースで転職活動が進めやすいことがメリット。
転職初心者に転職エージェントの利用をおすすめする理由
●キャリアアドバイザーのサポートがある
●転職市場動向や市場価値の把握が客観的にできる
●応募書類添削や面接対策が受けられる

自分にあった適切な転職サービスの利用が転職成功には欠かせません。転職エージェントを上手に活用することで、転職初心者でもキャリアアップが可能です。転職エージェントは無料で利用できるので、複数社の登録して自分にあうエージェントと転職を成功させてください。

ABOUT ME
タカ
30代の転職をサポートするお役立ち情報を発信中。 自由で豊かな人生を手に入れるため日々奮闘中! 転職回数:1回。化学メーカー開発職⇒化学メーカー製造職