引越し

【引越しガイド】転職時の引越しタイミングとは?内定前の引越しに潜む7つのリスク

  • 転職と引越しってどっちを先にすればいい?
  • 内定前に引越しをするリスクは何がある?
  • 引越しをスムーズにするコツを知りたいな!

人生100年時代と呼ばれる昨今、転職をする人が年々増加しています。転職をきっかけとした引越しはよくありますが、どのタイミングで引越しするべきか悩む方も多いのではないでしょうか。引越しのタイミングを間違えてしまうと多くの労力とお金を無駄にしてしまう可能性があります。

この記事では、転職時にする引越しの最適なタイミングと内定前の引越しに潜むリスクについて解説します。引越しをスムーズにするポイントも解説していますので、参考にしてください。

転職前の引越しに潜むリスク7選

「交通費や移動時間の短縮ができるから先に引越しするとお得だよね」

確かに交通費、移動時間の観点で考えれば転職前の引越しは一見合理的な手段です。

一方で、内定前の引越しは数多くのリスクが有るため、基本的には内定後の引越しがおすすめです。内定前の引越しで生じるリスクは下記のとおりです。引越しタイミングを間違えるとたくさんの労力とお金を無駄にしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

  • 採用に影響が出る
  • 転職後の給与交渉が難しくなる
  • 入居審査に通らないことがある
  • 内定が出るとは限らない
  • 希望通りの勤務地にならない場合がある
  • 転職先がすぐに決まらない可能性がある
  • 家賃と収入が見合わない可能性がある

採用に影響が出る

転職活動に時間がかかると、職歴に離職期間ができるため転職に影響が出る可能性があります。離職期間が長ければ長いほど転職が不利になります。一般的に離職期間が3ヶ月以上になると転職活動に影響が出ると言われています。

転職先が決まらない焦りから転職活動が上手くいかず、どんどん離職期間が長引くかもしれません。転職活動では少しでも不利な要素はなくしたいもの。まずは内定を得たうえで引越しに取り掛かりましょう。

転職後の給与交渉が難しくなる

転職で給与を上げるための方法として給与交渉があります。給与交渉は転職者に認められた権利なので、積極的に行うべきです

しかし、現在の給与も給与交渉の土台の1つとなるため、離職期間があることは望ましくありません。少しでも給与交渉の成功率を上げるためにも、離職期間はつくらないようにしましょう。

給与交渉は転職エージェントの利用で効果的に行えます。直接交渉しづらい場合も、転職エージェントがプロとして交渉してくれるので成功率が高くなりますJACリクルートメントがおすすめエージェントなので、まずはこの機会に登録してみてください。

登録・面談無料!

入居審査に通らないことがある

現職を退職し、転職前に引越しをしようとしても物件の入居審査に通らない可能性があります。入居審査のチェック項目の1つに家賃の支払い能力があるためです。離職中だと一時的に収入がないため支払い能力がないと判断されてしまうかもしれません。

一方で、一時的に収入がなくても貯金があれば入居審査に通ることは可能です。しかし、気に入った物件に入居できない可能性を考えると、内定後の引越しがベストタイミングと言えるでしょう。

内定が出るとは限らない

移住先での転職活動が上手くいかずに内定が出ないリスクも考えられます。転職活動にかかる交通費、移動時間の短縮を考えて移住をしても、内定が出なければ意味がありません。

近年、オンライン面接の普及により遠方から面接を受ける機会が増加しました。遠方にいることで転職活動が不利にはならないので、まずは転職先を決めてから移住しましょう

タカ
タカ

筆者もすべてオンライン面接だったので、遠方でも転職活動が問題なく行えました。

希望通りの勤務地にならない場合がある

移住先で転職活動が上手く行った場合でも、遠方の勤務地に配属される可能性もあります。せっかく引越しをして希望の職場に転職できたのに、また引越しなければならない。二重にお金と時間を浪費することになりかねません。

配属先がどこになるかはしっかりと企業側とすり合わせをしておきましょう。

転職先がすぐに決まらない可能性がある

引越しをして転職活動をしても、なかなか転職先が決まらない可能性もあります。仕事が決まらないと収入がないため貯金が減っていく。そうすると焦りや不安から転職活動に悪影響を及ぼし、転職先を妥協することになりかねません。

転職活動はそのものがストレスのかかる行為なので、ストレスの要因はできるだけ減らすべきです。納得できる転職のためにも、慣れ親しんだ環境で転職を済ませてしまいましょう。

家賃と収入が見合わない可能性がある

何らかの事情で想定収入よりも低くなってしまうと、家賃と収入が見合わなくなる可能性があります。そうすると結局収入に見合った物件へと引越しせざるを得なくなり、余計なコストが発生してしまいます

不確定な状況での引越しはリスクを伴うので、まずは転職先を確定させたうえで引っ越しを済ませましょう。

転職前に引越しをすませても問題ないケース

一方で、ベストではないですが先に転職を済ませても問題ないケースもあります。具体的には下記のとおり。あくまでどうしても転職前に引越しをしたい方向けですので、基本的には転職してからの引越しをおすすめします。

  • 上京する場合
  • Uターン転職

上京する場合

地方から上京する場合は転職前に引越しても問題ありません。。都会だと求人もたくさんあり、交通費や時間の節約になるため効率的な転職活動が可能でしょう。

昨今オンライン面接の普及で自宅からでも面接ができることや、企業によっては交通費が出る可能性もあるので以前ほど先に引越しをするメリットは減っています。あらかじめ確認をしたうえで引っ越しを済ませましょう。

Uターン転職

都会から地元に戻るUターン転職の場合も転職前に引越しをしても問題ないケースの1つです。実家であれば出費を抑えることができ、生活環境の変化によるストレスも最小限に抑えることができます。

一方、都会と比べて地方は求人数が少ない場合が多いので、転職先選びに苦労する可能性もあります。まずは転職先の候補となる企業がどのくらいあるかを調べたうえで引越しを検討すると良いでしょう。

引越し先選びはいつ頃実施すればいい?

引越し先を決めるタイミングは内定後がベストです。くわえて、入社直前ではなく入社1〜2周間前には引越しを済ませておきましょう。引越し後の事務手続き対応や環境になれるために1〜2週間は要するからです。

引越し先は最終面接頃から目星をつけておくとスムーズに引越しができます。実際に引越すのは内定後ですが、物件選定は早めにやっておいても問題ありません。

タカ
タカ

物件候補は3〜5件程度選んでおくと安心です。

時期によっては物件選びや引越し業者選びに苦労する可能性もあるので、早めの行動を心がけましょう。

引越し前に必ず確認すべきポイント

引越しをする前に転職先に確認しておくべきポイントをいくつか解説します。確認を忘れたために損をする可能性もあるのでしっかり確認してください。

  • 入社日の確認
  • 社員寮や借上げ社宅制度の有無
  • 引越しにかかる費用の補助制度

入社日の確認

まず最初に入社日がいつになるかを確認しましょう。入社日が決まらないと退職日や入居日を決めることができません。入社日に合わせたスケジュールを計画的に組む必要があります。

引越しは入社の1〜2周間前に済ませるようにスケジュールを組みましょう。引越し後は転入届やライフラインの開通、住所変更等たくさんの手続きが必要です。入社前の時間に余裕があるタイミングですべて済ませていましましょう。

タカ
タカ

平日しか手続きできないものもたくさんあるので、余裕を持って行動しましょう。

社員寮や借上げ社宅制度の有無

企業によっては社員寮や借上げ社宅制度があるかもしれません。通常よりもお得に物件に入居できるので、制度がある場合は制度の利用を検討してください。社員寮の場合だと手間のかかる物件選びをする必要がないため時間と労力の節約にもなります。

借上げ社宅は条件が企業によって異なるので事前確認を忘れずにしてください。借上げ社宅の場合、仲介業者が企業指定の場合もあるので確認をしっかりと行いましょう。

引越しにかかる費用の補助制度

引越し費用を補助してくれる企業もあります。引越し費用は数万円〜数十万円とかかる場合もあるので、補助が出るとお得に引越し可能です。

タカ
タカ

引越し準備金として一定金額を一括で払う企業もあります。

企業によって制度の概要は大きく異なるので、まずは企業担当者に確認を取りましょう。

引越しをスムーズにするためのコツ

「引越しをスムーズに進めるコツを知りたいな」と考える方も多いのではないでしょうか。ここではいくつかのコツをお伝えしますので、参考にして準備を進めてください。

  • 引越し時にやることチェックリストを作成する
  • 引越し予定日から逆算してスケジュールを立てる
  • 一括見積もりサイトを使い効率化する

引越し時にやることチェックリストを作成する

引越しの際は各種手続きなどやるべきことがたくさんあります。引越し前にやらなきゃいけないことを忘れてしまうと無駄な時間と労力がかかりかねません。

やるべきことを見落とさないためにもやることチェックリストの作成がおすすめです。チェックリストで見える化することで、抜け漏れを防ぐことができ、スケジュールも立てやすくなります。チェックリストはこちらがわかりやすいので参考にしてください。

(外部サイト参照:NXの国内引越サービス)

引越し予定日から逆算してスケジュールを立てる

引越し前後でやるべきことが多数あるため、あらかじめ引越し日から逆算してスケジュールを立てておくと良いでしょう。引越し直前にやるべきことが終わっていない、といった自体を防ぐことができます。

チェックリストを参考に余裕を持ってスケジュールを立てておくと、想定外の出来事が生じたときにも安心できます。転職だと現職の引き継ぎなどもあるため、計画的に行動することが非常に重要です

一括見積もりサイトを使い効率化する

引越し業者の見積もりを個別に取ると時間がかかる上どこの業者が最適かわからなくなってしまいます。そんなときにおすすめなのが一括見積もりサービスの利用です。

一括見積もりサービスは条件の入力で複数業者の見積もりが一括で入手できるとても便利なサービスです。相見積もりをとることで最大50%安くなるなどお得なサービスでもあります。

おすすめのサービスは「引越し侍」です。引越し侍は提携業者数が業界最大級であり、最大10社まで同時に見積もり依頼ができます。見積もり依頼は無料でできますこちらで詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

最大50%お得に引越しできる!

まとめ

この記事では引越しの最適なタイミングとスムーズに引越しをするコツについて解説しました。この記事の内容まとめです。

内定前の引越しに潜むリスク まとめ
●採用に影響が出る
●転職後の給与交渉が難しくなる
●入居審査に通らないことがある
●内定が出るとは限らない
●希望通りの勤務地にならない場合がある
●転職先がすぐに決まらない可能性がある
●家賃と収入が見合わない可能性がある
引越しをスムーズにするためのコツ まとめ
●引越し時にやることチェックリストを作成する
チェックリストの作成でやるべきことの抜け漏れをなくすことが可能。
●引越し予定日から逆算してスケジュールを立てる
⇨引越し前後では想定外のことも起きやすいので、余裕を持ったスケジュール作成が重要。
●一括見積もりサイトを使い効率化する
おすすめサービスは引越し侍。引越し侍の利用で効率よくお得に引越しができる。

転職時の引越しはタイミングが非常に重要です。タイミングを間違えると労力と費用がかかるだけでなく、転職にも大きな影響が出てしまいます。

この記事を参考に適切な引越しのタイミングが分かり、転職と引越しの両方で納得の行く結果が得られれば幸いです。

ABOUT ME
タカ
30代の転職をサポートするお役立ち情報を発信中。 自由で豊かな人生を手に入れるため日々奮闘中! 転職回数:1回。化学メーカー開発職⇒化学メーカー製造職